北浜国際特許事務所 代表インタビュー

北浜国際特許事務所が所属する、北浜グループとは

貴所は北浜グループの一部という形で構成されていますが、まずはこの北浜グループについて、教えてください

北浜グループは、北浜グローバル経営と北浜国際特許事務所の二つを主軸に構成されている組織です。

それぞれが、一般企業で言うところの事業部門のような形でグループにつながっており、なおかつ北浜グループに人事などの管理部門が集約されている組織体系となっています。

北浜グローバル経営では中小企業向けのコンサルを、北浜国際特許事務所では知財の権利化と訴訟対応という一般的な特許事務所に加え、知財コンサルも行っています。

北浜国際特許事務所の特長は?

一般的な特許事務所とはかなり組織体系が異なっていますが、そんな貴所の特長・強みは何ですか?

経営コンサルの機能が特許事務所の中にある点が弊所の特長であり、強みと考えています。

私たちが知財戦略より上流にあたる経営戦略に着目するのは「北浜グループ」として組織だっていることが関係しています。

北浜グループのお客様として入ってきて、専門性に応じて各部門が対応している。この構造の中で知財のことを北浜国際特許事務所が担当するという体制です。

先ほどもお話ししたように、北浜グループには中小企業向けのコンサルを行う北浜グローバル経営があります。

もしお客様の課題でお金以外のこと、例えば知財のことが出てきたら、知財の内部専門家という形で北浜国際特許事務所が対応していきます。

二つ目の特長は

北浜グローバル経営と連携し、事業計画書の作成支援も請け負っており、これまで約3000~4000件の会社の計画書を作成してきました。

計画書の中には技術色が強く、知財の知見が必要な場合もあります。その際には弊所の所員が事業計画書作成支援を担当し、常にお客様とディスカッションをしながら仕事をしていくことになります。

例えば権利化のご相談があれば「何のために権利化するのか」「この権利は御社の経営のどこに寄与するのか」という部分まで話を進めます。

そうすると、権利化する技術が開発された事業1とは別の、事業2、事業3、事業4にまで事業1が影響することが分かるかもしれません。それならば事業2をどう進めればいいか、という経営戦略の部分や、場合によってはマーケティング的な部分も話ができるでしょう。

「権利を取る」だけでなく、「会社をどうするのか」という視座で仕事ができる、という点も弊所の特長になりますね。

経営戦略に目を向ける理由

経営戦略という、知財戦略より上流の部分に目を向ける方針を取ったのは、どんな理由からですか?

実体験での気付きからです。

私は元々、法律系と理科系を足して2で割ったような仕事があればと考える中で知財業界のことを知りました。知財戦略の勉強をしたいと思い、新卒で特許事務所に就職しました。

仕事をしていく中で、「知財の仕事はどういう目的で発生して権利化後はどうなるのか」という上流・下流が分からないと、良い仕事とは言えないのではないかという思いを抱えるようになりました。

上流には研究開発戦略が、下流には事業戦略があり、事業の流れを俯瞰するような仕事をしたく、経営課題解決を支援するコンサル会社へ転職しました。その中で、さらに上流に経営戦略があり、経営の目的を達成するために知財があることが分かったんです。

最上流の経営部分から関わると、本当にやりたい知財サービスができると考え独立をし、今のような形へと至っています。

北浜グループの仕事姿勢「北浜スタイル」

貴所は「北浜スタイル」を大きく打ち出していますが、これはどんな内容ですか?

北浜スタイルというのは、所員全員が持つべき意識・価値観・目指すべき方向性をまとめた考え方のことです。

採用時はもちろん、社内評価や役職者への抜擢等も、すべてこの「北浜スタイル」に基づいて判断・決定をしています。

概要は以下の通りです。

【事務所理念】

お客様の知的資産の価値向上に寄与する最⾼品質のサービスを提供します

所員全員の自律的な成長による物心両面の充実を追求します

組織⼒を礎とした継続的な繁栄により社会の進歩発展に貢献します

【基本的な心構え】

誠実・誠意 素直・謙虚・意欲 関心・協調・尊重

【行動指針】

サービス(お客様) 成長(自身) 協働(仲間)

事務所理念はお客様、所員、そして社会と、それぞれに向けた理念を掲げています。

一般的に特許事務所は属人的な個人プレーになりがちですが、私たちは組織力を大切にしています。

特長的なのは「基本的な心構え」でしょうか。

「基本的な心構え」では人間性について言及しているわけですが、これは私自身が、人間性を高めることで能力がついてくるという考えを持っているからです。

中には「プロフェッショナルにおいて大事なのは能力。能力があれば人間性は関係ない」という考えの方もいますが、どちらもできてこそプロフェッショナルであると考えています。地力が高くなくともこういった心構えを持った人なら時間とともに成長していけます。

職場の環境について

ではここからは職場環境について、スタッフの方にご質問していきたいと思います。
さっそくですが、貴所はどんな雰囲気の職場ですか?

日常的な業務の相談はもちろん、1on1で相談しあう機会もあるので、大勢の前では言いづらいことや業務そのもの以外のことでも相談できるような環境が整っています。

さらに北浜グループでワンフロアになっていることもあり、他部署との連携の機会が多く、連携を強めていこうという空気があります。業務上で北浜グローバル経営のスタッフとやり取りをすることも多いです。

一般的な特許事務所のように黙々と作業をするというよりは、同じフロアに営業部門やマーケティング部門があるので、他の特許事務所を経験したことがある方は、雰囲気の違いに驚かれるかもしれません。

働きやすさという面から見た貴所について、教えてください

物心両面の充実、と北浜スタイルにあるように、働きやすさはかなり考えられています。

例えば時差出勤制度や在宅勤務など、各所員の事情に合わせて勤務体系が可能なのも嬉しいですね。

特許事務所単体ではなく北浜グループ全体での福利厚生なので、個人の特許事務所ではあまり見ないような制度も充実していると思います。

ぜひ求人詳細弊所ホームページもご覧ください。

北浜国際特許事務所の今後について

ここからは、改めて前井代表にご質問していきたいと思います。これから、北浜国際特許事務所をどんな事務所にしていきたいとお考えですか?

グループ全体でお客様を支えることを常に考えています。

その中でも知財法務支援が、北浜国際特許事務所の役割です。グループ全体では他に、金融関連支援や経営コンサル支援があり、この三軸で伴走支援しながら、お客様を成長させていくことを目指しています。

「権利を取って終わり」ではなく「グループ全体で御社の成長を支援します」という姿勢を今後も続けていきます。

求人を募集した理由

貴所では、どのような人材を求めていますか?

「どんどん成長していきたい!」という思いを持っている方を求めています。

まず前提として、権利化業務、訴訟関連業務だけでなく経営コンサルタントと協力して行う業務もあります。

ただ、たとえば権利化業務に力を入れたい人にはそこに特化していただくことも可能ですし、権利化業務と経営コンサル系の両方に関わりたい方にはそれに応じた割り振りをする、といったことももちろん可能です。

つまり色々なことにチャレンジしたい方にも、権利化業務に特化して腕を振るいたい方にも、皆さんに活躍の場があるんですね。

成長意欲がある方にはぴったりの環境だと思っています。

最後にひとこと、メッセージをお願いします!

知財でできることは権利化だけではありません。お客様が成長していくための支援は多岐にわたります。

未経験でも構いません。お話しした通り、弊所では様々な判断基準を「北浜スタイル」に置いています。これまでも面接前に「北浜スタイル」についての説明をお渡しした上で採用してきたので、所員を含め北浜グループには基本的に「北浜スタイル」に合致する人が集まっています。

ご興味のある方は、ぜひご応募ください!

※下のボタンから見れる求人詳細は弁理士・特許技術者のものです。別職種の求人詳細は文字リンクよりご覧いただけます。

>>未経験者(弁理士)・未経験者(特許技術者)はこちら